HOME » 海外不動産投資で知っておきたい4つのこと

海外不動産投資で知っておきたい4つのこと

東南アジアをはじめとした海外の不動産投資をはじめるにあたって、知っておきたい情報を紹介します。

海外不動産投資の基礎知識

まず、投資をはじめるにあたって知っておきたいのは、そのリターンやメリットはもちろん、リスク・デメリットなどです。

どのような利点があるのかだけではなく、どのような危険性があるのかをしっかりと理解することで、より堅実に資産を運用することができます。

世界的に情報化が進んでいるとは言え、発展途上国のローカル情報を手に入れようと思ったら、それなりの手間が必要です。

アメリカなど、不動産市場が成熟している国ならば、ある程度情報の透明性は担保されています。

しかしASEAN諸国といった、高いリターンの見込める国々は、まだまだ情報ネットワークに不安が残ります。

不要なリスクを回避するためには、入念な情報収集や勉強が不可欠と言えます。

次に重要なのが、不動産投資会社選び。

そう多くないとはいえ、なかには悪質な会社も存在するので、それをいかに見極めて優秀な会社と契約できるかで、将来の成功が左右されます。いい会社さえ見つければ的確なサポートをうけることができるので、投資入門者でも安全に資金を投資することができます。

現地に拠点をもっていたり、現地法人とパートナー契約を結んでいたりすれば、血の通った現地情報も仕入れることができるでしょう。

例えば現地人しか知り得ない成長が見込めるエリアや、税金対策など、収益に直結する情報を仕入れられる可能性もあります。

そういった意味では、本当に信頼できる不動産会社を選ぶことが、海外不動産投資の成否を分けると言っても言い過ぎではないかもしれません。

また、はじめての海外不動産投資なら、流れや手順について知っておくことも、のちのちのトラブルを避けるためには必要。手順に則って準備すれば、不安も少なくてすみます。

そのほか、融資やローン、海外不動産と税金の関係なども重要なことなので、ぜひ一度目を通しておいてください。

リターンとリスクの正しい知識

海外不動産投資を始めるうえで、最初に押さえておきたいのがメリットとデメリットです。リターンとリスクと言い換えることもできます。メリットあるいはリターンばかりに注目してデメリットあるいはリスクを軽視していると、大きな損失を被ることがあります。このページでは、投資のメリットとして挙げられるキャピタル・ゲイン、レバレッジ、円高について詳しく解説するとともに、投資のデメリットのポイントを解説しています。海外不動産投資を始めたいと考えている方が必ず知っておきたい知識です。最初に確認しておきましょう。

 

投資会社の選び方

海外不動産投資を始めるうえで欠かせないのが、投資をサポートしてくれる投資会社です。信頼できる投資会社を選ぶことができれば、投資をスムーズに行えるとともに利益を得やすくなります。信頼できる投資会社はどのように選べばよいのでしょうか。このページでは、投資会社を選ぶうえでチェックしたいポイントを解説しています。いずれも知識さえあれば簡単にチェックできるポイントです。悪徳な投資会社を避けたい方は確認しておくと良いでしょう。

外国不動産の融資

当たり前のことですが、海外不動産投資を始めるにはある程度の資金が必要です。資金にゆとりのある方は良いですが、そうでない方は何かしらの方法で集めなければなりません。幸いなことに、海外不動産投資であっても融資を受けることはできます。融資を受けるためにはどのような条件が設定されているのでしょうか。この点を解説するとともに、海外不動産投資で利用できる3つの融資の概要とメリット・デメリットを紹介します。資金計画を立てたいと考えている方の参考になるはずです。

 

税金について

海外不動産投資を始める前に押さえておきたいのが税金とのかかわりです。この点を押さえていないと、想定していたより手元にお金が残らないことなどがあります。海外不動産投資では、どのようなタイミングでどのような税金がかかるのでしょうか。日本国内でかかる税金と海外でかかる可能性のある税金の一例を紹介します。節税のポイントなども解説するので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

海外不動産投資は他の海外資産投資よりおすすめ

海外へ投資をする方法は不動産だけではありません。その他の方法でも投資することはできます。具体的には、投資信託・FX・外貨預金などを利用することができます。これらの海外資産投資と海外不動産投資にはどのような違いがあるのでしょうか。両者の特徴を説明するとともに、海外不動産投資の魅力を解説します。海外不動産投資を選択肢の一つとして検討している方に役立つ内容です。興味のある方は確認しておきましょう。

 

不動産投資で知っておくべき海外と国内の違い

当然ですが、不動産投資は国内でも行えます。情報を入手しやすい国内の方が気軽に行えるといえますが、海外不動産投資にはこの点を上回る魅力があります。具体的に、どのような魅力があるのでしょうか。国内不動産投資より海外不動産投資がお勧めの理由を解説します。海外不動産投資と国内不動産投資でお悩みの方は参考にしてください。

 

英語力がなくても海外不動産投資は始められる!

海外不動産投資を始めるうえで気になるのが英語力です。ネイティブ並みの英語力がないと海外不動産投資を始められないと思っている方が多いのではないでしょうか。結論から述べると、英語力がなくても海外不動産投資は始められます。なぜこのように言えるのでしょうか。このページでは、英語力がなくても海外不動産投資を始められる理由を解説しています。英語力に不安を抱えている方はチェックしておきましょう。

セミナーの評判が高い不動産投資会社3選

フォーランドリアルティ ネットワークジャパン

海外不動産投資の主要各国にネットワークを持ち、世界規模で不動産市場の動向を把握。投資家のニーズに合わせて最適な物件を提案しており、物件の管理・運用も得意としています。頻繁に開催しているセミナーでは、海外不動産投資の最新情報や特選物件を紹介。さらに、年間数百組が利用する現地の物件視察ツアーも評判です。

公式サイトはこちら

ステイジアキャピタル

総合不動産コンサルティング会社です。上海で駐在員向けの賃貸住宅仲介を実施していた経緯があり、その後シンガポールで不動産投資を提案するコンサル会社を立ち上げました。運用にも定評があり、出口戦略を見据えたアドバイスがもらえると、投資家からの評価も高い会社です。

公式サイトはこちら

スターツ

マレーシアやオーストラリアを中心とした物件に強みを持つ会社。海外不動産投資の草分け的な存在であり、リフォームや支払代行といった手の届きにくいところまでサポートを実施しています。豊富な物件を取り扱うことでも評判で、エリアに縛られず信頼性の高い不動産投資を実現してくれます。

公式サイトはこちら

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。