HOME » 海外不動産投資で知っておきたい4つのこと

海外不動産投資で知っておきたい4つのこと

東南アジアをはじめとした海外の不動産投資をはじめるにあたって、知っておきたい情報を紹介します。

海外不動産投資の基礎知識

まず、投資をはじめるにあたって知っておきたいのは、そのリターンやメリットはもちろん、リスク・デメリットなどです。

どのような利点があるのかだけではなく、どのような危険性があるのかをしっかりと理解することで、より堅実に資産を運用することができます。

世界的に情報化が進んでいるとは言え、発展途上国のローカル情報を手に入れようと思ったら、それなりの手間が必要です。

アメリカなど、不動産市場が成熟している国ならば、ある程度情報の透明性は担保されています。

しかしASEAN諸国といった、高いリターンの見込める国々は、まだまだ情報ネットワークに不安が残ります。

不要なリスクを回避するためには、入念な情報収集や勉強が不可欠と言えます。

次に重要なのが、不動産投資会社選び。

そう多くないとはいえ、なかには悪質な会社も存在するので、それをいかに見極めて優秀な会社と契約できるかで、将来の成功が左右されます。いい会社さえ見つければ的確なサポートをうけることができるので、投資入門者でも安全に資金を投資することができます。

現地に拠点をもっていたり、現地法人とパートナー契約を結んでいたりすれば、血の通った現地情報も仕入れることができるでしょう。

例えば現地人しか知り得ない成長が見込めるエリアや、税金対策など、収益に直結する情報を仕入れられる可能性もあります。

そういった意味では、本当に信頼できる不動産会社を選ぶことが、海外不動産投資の成否を分けると言っても言い過ぎではないかもしれません。

また、はじめての海外不動産投資なら、流れや手順について知っておくことも、のちのちのトラブルを避けるためには必要。手順に則って準備すれば、不安も少なくてすみます。

そのほか、融資やローン、海外不動産と税金の関係なども重要なことなので、ぜひ一度目を通しておいてください。

セミナーの評判が高い不動産投資会社3選

フォーランドリアルティ ネットワークジャパン

海外不動産投資の主要各国にネットワークを持ち、世界規模で不動産市場の動向を把握。投資家のニーズに合わせて最適な物件を提案しており、物件の管理・運用も得意としています。頻繁に開催しているセミナーでは、海外不動産投資の最新情報や特選物件を紹介。さらに、年間数百組が利用する現地の物件視察ツアーも評判です。

公式サイトはこちら

ステイジアキャピタル

総合不動産コンサルティング会社です。上海で駐在員向けの賃貸住宅仲介を実施していた経緯があり、その後シンガポールで不動産投資を提案するコンサル会社を立ち上げました。運用にも定評があり、出口戦略を見据えたアドバイスがもらえると、投資家からの評価も高い会社です。

公式サイトはこちら

スターツ

マレーシアやオーストラリアを中心とした物件に強みを持つ会社。海外不動産投資の草分け的な存在であり、リフォームや支払代行といった手の届きにくいところまでサポートを実施しています。豊富な物件を取り扱うことでも評判で、エリアに縛られず信頼性の高い不動産投資を実現してくれます。

公式サイトはこちら

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。