外国不動産の融資

海外の不動産へ投資するにも、先立つものがなければ出資できません。そんなとき頼りになるのが金融機関からのローン(融資)です。

融資もしっかりサポートしてくれる海外不動産投資会社まとめ>>

海外不動産への投資でもローンは受けられる

「でも海外不動産投資ではローンを受けられないんじゃないの?」と思われてる方も多いようですが、条件付きではあるもののローンを受けることは可能です。

その条件とは、自己資金の比率が30%程度あること。そうすれば、HSBC、Citiなどをはじめとした金融機関のほか、地元の銀行からもローンを受けることができます。

また、売主が買主に融資するという一風変わったローン制度もあります。これは、返済は金利のみで元本は物件売却時に返済するという制度で、まさに海外不動産投資ならではの融資法です。

ただし、海外でのローンにおいて、頭に入れておかなければいけないのが、その金利。世界的に見ても低い日本の金利に比べ、海外の金利は格段に高いのです。

しかも表面利回りで10%を超えるような物件も希有で、代表的な大都市にはほとんど存在しないのが現実。

では、なぜ、金利が高くて利回りも低いのに、外国の不動産に投資するのでしょうか。それは、海外では不動産はインフレ率以上に値上がりするため、その値上がり益が見込めるからです。このあたりは日本国内の不動産投資の常識とは、少し感覚がことなります。

こういった齟齬を失くすためにも、海外で物件を購入する前に、事前に投資国についてしっかりリサーチしておく必要があります。

また、審査期間が不透明であることも、注意したいポイントの1つ。支払期限に間に合わなかった場合のペナルティが厳しいところもありますので、期日までに資金調達できるかどうか、見通しをクリアにしておきましょう。

そのほかにも、日本で現地物件の減価償却が取れたり、国によっては居住権が取得できたりなど、海外不動産投資独自の特徴もあるので、口座開設から税金面でのサポートまでしてくれる不動産投資会社を選ぶことをおすすめします。

セミナーの評判が高い不動産投資会社3選

フォーランドリアルティ ネットワークジャパン

海外不動産投資の主要各国にネットワークを持ち、世界規模で不動産市場の動向を把握。投資家のニーズに合わせて最適な物件を提案しており、物件の管理・運用も得意としています。頻繁に開催しているセミナーでは、海外不動産投資の最新情報や特選物件を紹介。さらに、年間数百組が利用する現地の物件視察ツアーも評判です。

公式サイトはこちら

ステイジアキャピタル

総合不動産コンサルティング会社です。上海で駐在員向けの賃貸住宅仲介を実施していた経緯があり、その後シンガポールで不動産投資を提案するコンサル会社を立ち上げました。運用にも定評があり、出口戦略を見据えたアドバイスがもらえると、投資家からの評価も高い会社です。

公式サイトはこちら

スターツ

マレーシアやオーストラリアを中心とした物件に強みを持つ会社。海外不動産投資の草分け的な存在であり、リフォームや支払代行といった手の届きにくいところまでサポートを実施しています。豊富な物件を取り扱うことでも評判で、エリアに縛られず信頼性の高い不動産投資を実現してくれます。

公式サイトはこちら

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。