HOME » 海外不動産投資で知っておきたい4つのこと » 不動産投資で知っておくべき海外と国内の違い

不動産投資で知っておくべき海外と国内の違い

不動産投資では、海外の物件のほうが国内の物件を選ぶよりも手軽に投資をはじめることができます。

海外には安く買うことができて将来高くなる物件がたくさんあるからです。

今回は、海外と国内の不動産投資にどういった違いがあるのか、どちらのほうがよりお得なのかを考えていきます。

 

国内より海外のほうが安い不動産が多い!

純粋な不動産の価格を比較した場合、日本国内の不動産は高く、海外には安い不動産が多いです。

日本と海外における物価の違いは大きい!

国にもよりますが、とくに東南アジア一帯は日本と比べて物価が安いため、安い物件もたくさん出回っています。

少額から投資をはじめることができる

海外不動産投資は、国内で不動産投資をはじめるよりハードルが低いと言えます。自己資金のあまり多くない、投資初心者にもやさしい投資方法ですね。

不動産投資にも影響を与える日本の少子化問題

人口が減ると不動産は売れなくなる

少子化問題が解決しない限り、日本の人口は減っていくでしょう。人が減れば住むための住居も必要なくなるので、景気が良くなったとしても戸建てやマンションの需要は下がり続けることになります。

国内の不動産市場は、長い目で見ると価格が下がっていくというリスクを持っているのです。

海外なら人口と需要の増加を見込むことができる

海外に目を向けると、これから経済が発展し人口もどんどん増えていくと見込まれている国がいくつもあります。人口と需要、経済の発展と三拍子そろっている場所では不動産の価格も上昇していくため、儲かる可能性が高いです。

節税対策としての効果が高いのは海外不動産投資

高い資産を買ったときに、購入額を一定の年数で割って少しずつ費用にして良いという、減価償却という制度があります。これをより有効に活用できるのが海外不動産投資なのです。

不動産を買うと節税できる

日本の税金は、おおむね年間の収入から費用を引いた所得の額で決まります。簡単に言うと、不動産を購入すると税金を安くできるのです。そして、減価償却の対象になるのは、建物の価格だけと決められています。

海外は建物が高く国内は土地が高い

たとえば、土地と建物合わせて1,000万円の不動産を購入した場合、日本だと土地が高いため減価償却できるのは建物価格の200万円です。しかし、海外の場合は建物のほうが高いため、建物の価格800万円を減価償却し、大きく節税することができます。

借り主の権利が強い国内・大家の権利が強い海外

日本では、賃貸物件における借り主の権利が強いですが、海外では大家の権利が強い傾向にあります。

借り主の権利が強い国内の賃貸物件は管理が大変

不動産は、手入れをしないと価値が下がってしまいます。しかし、国内ではマンションの改修工事やメンテナンスも住民の合意なしに進めることはできません。借り主全員が快くマンションの管理に協力してくれるわけではないため、入居する人によって国内不動産の管理はとても大変になってしまうのです。

海外は大家の権利のほうが強い傾向

一方、海外には大家さんの権利が法律で強く保証されている国もあります。極端な話、借り主が問題を起こしたときは「じゃあ出て行ってください」と強気の交渉をすることもできるのです。いざというとき、大家さんの権利が強いとトラブル対応は楽になります。 海外不動産は国内の不動産と違って価格が安いため、気軽に投資をはじめることができます。

購入後の価格アップや大きな節税効果が見込めるのも、海外不動産投資の魅力です。不動産投資は、物件を買ったあとの管理も大切です。将来性や購入後の管理の手間など複数の要素を比較したうえで、海外と国内のどちらに投資するかを決めましょう。

セミナーの評判が高い不動産投資会社3選

フォーランドリアルティ ネットワークジャパン

海外不動産投資の主要各国にネットワークを持ち、世界規模で不動産市場の動向を把握。投資家のニーズに合わせて最適な物件を提案しており、物件の管理・運用も得意としています。頻繁に開催しているセミナーでは、海外不動産投資の最新情報や特選物件を紹介。さらに、年間数百組が利用する現地の物件視察ツアーも評判です。

公式サイトはこちら

ステイジアキャピタル

総合不動産コンサルティング会社です。上海で駐在員向けの賃貸住宅仲介を実施していた経緯があり、その後シンガポールで不動産投資を提案するコンサル会社を立ち上げました。運用にも定評があり、出口戦略を見据えたアドバイスがもらえると、投資家からの評価も高い会社です。

公式サイトはこちら

スターツ

マレーシアやオーストラリアを中心とした物件に強みを持つ会社。海外不動産投資の草分け的な存在であり、リフォームや支払代行といった手の届きにくいところまでサポートを実施しています。豊富な物件を取り扱うことでも評判で、エリアに縛られず信頼性の高い不動産投資を実現してくれます。

公式サイトはこちら

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。