HOME » 海外不動産を購入・所持することのメリット » 家賃収入や売却益が期待できる

家賃収入や売却益が期待できる

海外不動産投資における、運用益(家賃収入など)と売却益の魅力について紹介します。

運用益も売却益も期待できる海外不動産投資

不動産投資で得られる利益には、大まかに「運用益(インカムゲイン)」と「売却益(キャピタルゲイン)」の2つがあります。

日本の不動産投資では、バブル期には売却益が主流でしたが、現在では家賃収入による運用益がほとんどです。

一方、海外不動産投資においては、運用益・売却益いずれも期待できる点が魅力です。

ただし、海外ならどこでも期待できるかといえば、そうではありません。ここで、運用益・売却益を最大化するためのポイントを紹介しましょう。

運用益(インカムゲイン)を狙うポイント

運用益は、海外においても不動産投資の柱です。

日本の場合、利回りが重視されがちですが、海外不動産投資においては将来の家賃相場を見越して投資することが重要になってきます。

特に新興国の都市部は人口の急増により住宅が不足しているエリアもあります。

当然、そのエリアの家賃相場は高騰していきますし、空室リスクも低くなります。

もちろん家賃が高騰するには、その国の経済成長や国民所得と物価の上昇が不可欠ですが、こうした点を踏まえたうえで魅力的な物件を選ぶことが大切です。

売却益(キャピタルゲイン)を狙うポイント

バブル崩壊後の日本では、不動産投資で売却益を得ることは難しくなりましたが、海外不動産市場ではそのチャンスはまだまだ期待できます。

その方法とは、経済成長率や人口増加率の高い国や地域で、割安の物件を購入しておくこと。

都心に近く、将来開発計画があるような地域の物件があれば狙い目でしょう。

その場合、土地勘やその国の情報を得る太いパイプが必要ですし、個人で探すのは不可能に等しいでしょう。

現地に事務所を持ち、日々情報を更新しているような信頼できる会社に頼み、分析してもらうのがいちばんです。

あわせて、円高の時に購入し円安の時に手放すことで「為替差益」が得られることも、海外不動産投資の魅力といえます。

運用益・売却益オススメのエリアは?

最近、海外不動産投資で利益を上げやすいとして注目を集めているエリアがあります。その一つが、フィリピンです。

年5%前後の高い経済成長率を誇るうえ、フィリピンの人口は2023年ごろには日本を抜き、その後も増加は続くと予想されています。

とりわけ首都のマニラでは、人口急増により家賃相場も年々上昇。空室率は全体で10%前後、高級住宅だと5%以下といわれています。

また、利回りの良さも魅力。マニラ周辺の高級コンドミニアムにおける平均利回り(グロス)は7%と、アジアでも最高水準を誇ります。

もうひとつ、先進国で注目されるのがアメリカ合衆国です。

出生率の高さと移民の受け入れによって、人口増加率は先進国でも最高水準。

アメリカも、家賃相場は上昇傾向ですし、売却益も十二分に期待できるとして、世界中の投資家が注目を集めています。

海外不動産投資のインカムゲインとキャピタルゲインのメリット・デメリット

ここまでは、海外不動産投資のインカムゲインやキャピタルゲインのポイント、さらにおすすめエリアなどをご紹介しました。ここからは、そのメリットとデメリットもチェックしてみましょう。

一覧にまとめたものが以下になります。

 

メリット

デメリット

海外不動産投資のインカムゲイン 

人口増加中の国の不動産であれば多くの収入が得られる可能性がある

管理や流行の把握が必要なため場合によっては難しいこともある

海外不動産投資のキャピタルゲイン

発展途上国の不動産であれば多くの利益を得られる可能性もある

経済状況の先行きが不透明なため利益がどれくらい出るか把握しづらい

 

人口増加中の国は家賃も値上がる!インカムゲインのメリット大

人口増加傾向にある国の不動産に投資すれば、今後もインカムゲインを得やすくなることが予想されます。各国の都心部の不動産を購入すれば需要も高く、空室のリスクも少なく収入を得ることが可能になるでしょう。

中でもさきほどご紹介したような「人口増加中で空室状況の少ない国」の賃貸物件の家賃は、今後もますます値上がりすることが予想されます。


そのため、こうした不動産に投資すれば、思っているよりも多くの収入を得ることができるかもしれません。

また、当分は家賃収入であるインカムゲインを得て、価格が上がりきった頃に手放してキャピタルゲインを得る、という方法に切り替えることも可能です。海外不動産投資をお考えなら、最初はインカムゲイン、次にキャピタルゲインを狙うといった方法も考えてみてください。

海外不動産でインカムゲインを狙うには管理や流行のハードルも

基本的に海外不動産投資ではインカムゲインを得やすいですが、状況によっては難しくなる場合もあります。
インカムゲインは家賃収入ですので、基本的にはアパートやマンションに投資することになるかと思います。そのため、空室になったら定期的にクリーニングをするなどの管理が必要になりますよね。

定期的に海外に行ける環境ならいいですが、そうでない場合は放置しがちになってしまうこともあるでしょう。そうすると、アパートやマンションがボロボロになってしまい、入居者を募集しにくい状況になっているかもしれません。

また、その時々の流行もあります。マンションが人気な場合もあればテラスハウスのような物件が人気になる場合も。これらの情報は、海外からだとなかなか入手しにくいため、管理や運用が難しくなってしまうというデメリットがあります。

何十倍もの価値に!?発展途上国ならキャピタルゲインのメリット大

次に、海外不動産投資でキャピタルゲインを狙うメリットをご紹介します。

キャピタルゲインは「一定期間その物件を所有して、価値が上がったときに手放す」というもの。
そのため、かつてのバブル期のように、発展途中の国の物件ならキャピタルゲインを狙うことをおすすめします。日本のように何倍といった単位ではなく、何十倍もの価値になることもあるからです。

日本では家賃収入であるインカムゲインを狙う投資がほとんどですが、経済が急成長している国なら、キャピタルゲインを狙うことも充分可能になります。

キャピタルゲインを狙う際には、その国の政治や国民の状況をよく把握してから購入しましょう。タイやフィリピン、マレーシアなど、アジア各国への投資は現在でも人気があります。

先行き不透明でキャピタルゲインを狙いづらいデメリットも

海外不動産投資でキャピタルゲインを狙う方は多いですが、デメリットもあるので注意が必要です。

「バブル目前!」「今後の経済急成長が見込まれる!」などと宣伝している海外不動産投資先は多いですが、本当に今後、経済が成長するのかについては大きな疑問が残ります。また、いつまで好景気が続くのかも素人にはわかりませんよね。

日本国内ならともかく、海外であればなおのことです。常に言葉や政治事情も違うその国の経済情報を把握しておく必要があるため、国内でキャピタルゲインを狙うよりも難しいと言えるかもしれません。

また、数年先の利益を見越して不動産を購入する必要があるため、利益がどのくらい出るのかも非常に不確実です。発展途上国は将来が期待されますが、いつ何が起こるか分からないという危険性も高くなっています。

 

セミナーの評判が高い不動産投資会社3選

フォーランドリアルティ ネットワークジャパン

海外不動産投資の主要各国にネットワークを持ち、世界規模で不動産市場の動向を把握。投資家のニーズに合わせて最適な物件を提案しており、物件の管理・運用も得意としています。頻繁に開催しているセミナーでは、海外不動産投資の最新情報や特選物件を紹介。さらに、年間数百組が利用する現地の物件視察ツアーも評判です。

公式サイトはこちら

ステイジアキャピタル

総合不動産コンサルティング会社です。上海で駐在員向けの賃貸住宅仲介を実施していた経緯があり、その後シンガポールで不動産投資を提案するコンサル会社を立ち上げました。運用にも定評があり、出口戦略を見据えたアドバイスがもらえると、投資家からの評価も高い会社です。

公式サイトはこちら

スターツ

マレーシアやオーストラリアを中心とした物件に強みを持つ会社。海外不動産投資の草分け的な存在であり、リフォームや支払代行といった手の届きにくいところまでサポートを実施しています。豊富な物件を取り扱うことでも評判で、エリアに縛られず信頼性の高い不動産投資を実現してくれます。

公式サイトはこちら

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。