フィリピン

フィリピンにおける不動産投資情報を集めました。海外不動産投資会社がおすすめする物件情報も紹介します。

フィリピンの不動産投資市場の特徴

10年以内に日本を追い抜く急激な人口増加

フィリピンの人口は約1億人(2014年現在)。出生率はASEANのなかで最も高い3.1人と、人口が急激に増えている国です。

このまま増え続ければ、2023年ごろには日本を追い抜き、さらにますます人口は増えていくものと推定されています。

とりわけ、マニラ首都圏では約1,200万人もの巨大都市に発展。不動産投資の市場も、マニラおよび周辺の都市とセブ島が熱くなっています。

高利回りが多いが、海外投資物件はコンドミニアムのみ

フィリピンの実質利回りは7%前後で安定しており、周辺諸国に比べて非常に高いところも魅力です。

英語圏のフィリピンでは、英米の商社社員などがイスラム教圏のインドネシアや仏教圏のマレーシアなどに赴任する際、家族はフィリピンに居住させるケースも少なくないため、賃貸用の高級コンドミニアムが多いことも特徴となっています。

一方、デメリットとしては、フィリピンでは外国人は土地を購入することができないため、投資対象が必然的にコンドミニアムだけとなり、購入競争が激しくなる点。その分、無事に投資できれば成功率も高くなるので、一長一短というところでしょうか。

フィリピンの不動産投資市場は、すでに成熟しているという話もありますが、物件とエリアの選び方によっては、まだまだポテンシャルのある国でもあります。

投資家の注目度も高く、セミナーなども積極的に開催されています。

興味がある人は、ぜひそういった場を活用し、情報を仕入れてみてください。

評判の高い海外不動産投資のセミナー会社まとめ>>

フィリピンの投資物件例

■グランド ハイアット

  • 種別:コンドミニアム (2016年完成予定)
  • エリア:マニラ近郊(グローバルシティ地区)
  • 価格:25,063,670ペソ
  • 面積:103m2
  • 間取り:2Bed

■ザ バーチウッド レジデンス

  • 種別:コンドミニアム (2016年完成予定)
  • エリア:マニラ近郊(BGCマニラ)
  • 価格:3,291,000ペソ~
  • 面積:49m2~
  • 間取り:2Bed/3Bed

フィリピンの基本情報

  • 首都/マニラ
  • 人口/約1億人
  • 公用語/タガログ語、英語
  • 最大都市/マニラ(約1,186万人)
  • 賃貸利回り目安/7.63%

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。