シンガポール

シンガポールにおける不動産投資情報を集めました。海外不動産投資会社がおすすめする物件情報も紹介します。

シンガポールの不動産投資市場の特徴

安定した政治基盤でリスクも少ない投資国

政情や治安が不安定な国もある東南アジアにおいて、シンガポールは世界でも有数の政治的安定を保持している国です。

政治的に安定しているということは、経済的にも安定して成長しているということ。不動産投資においては、経済の先行き不安やクーデターなどによる暴落の危険性が極めて低く、購入した不動産のリスクが少ないというメリットがあります。

その分、他のASEAN諸国ほどの急激な成長は見込めない点がデメリットですが、安定性・安全性を重視するならはずせない投資国といえるでしょう。

海外投資家への規制は緩やかな一方で物件価格は高め

シンガポールの不動産投資事情の特徴として、比較的規制が緩やかな点が挙げられます。

外国人が不動産を購入する際も特別な課税があるわけではなく、現地シンガポール人とほぼ同等の条件下で投資することが可能。

また、まだ建築中の物件であっても20%の支払いが済んでいれば第三者へ譲渡することもできるので、うまくタイミングをつかめば通常よりも高い譲渡益を出すことも可能でしょう。

一方、デメリットとしては成長が緩やかな点と、世界有数の人口密度を誇る国なので物件価格が高額な点があげられます。

最近は海外の不動産情報も透明性が高くなってきていますので、必要とする情報を積極的に仕入れながら、投資を検討してみてください。

評判の高い海外不動産投資のセミナー会社まとめ>>

シンガポールの投資物件例

■リードン レジデンス

  • 種別:コンドミニアム (2015年完成)
  • エリア:クイーンズタウン周辺
  • 価格:2,738,000シンガポールドル~
  • 面積:97m2~
  • 間取り:2Bed~5Bed

■グッドウッド レジデンス

  • 種別:コンドミニアム (2015年完成)
  • エリア:オーチャード周辺
  • 価格:3,003,000シンガポールドル~
  • 面積:104m2~
  • 間取り:2Bed/3Bed/4Bed

シンガポール共和国の基本情報

  • 首都/シンガポール
  • 人口/約547万人
  • 公用語/英語、マレー語、中国語、タミール語
  • 最大都市/シンガポール(約547万人)
  • 賃貸利回り目安/2.67%

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。