タイ

タイにおける不動産投資情報を集めました。海外不動産投資会社がおすすめする物件情報も紹介します。

富裕層が増加するタイの不動産投資市場の特徴

世界の自動車メーカーが集積する経済発展国

東南アジア諸国の中でも、工業国として発展を続けるタイ。その主産業となっているのが、自動車製造です。

日本はもちろん、アメリカやヨーロッパのメーカーも進出し、自動車産業の一大拠点をつくりあげています。

このことから、1人当たりの名目GDPは2000年からの10年間で3倍にも増加。いわゆる富裕層も2~3倍に増えており、タイはいまや総中流社会となりつつあるのです。

不動産市場も顕著な伸び

経済発展と富裕層の増加によって、バンコクをはじめ都市部の不動産価格は軒並み上昇傾向にあります。

例えば、バンコク近郊のコンドミニアムは2009年から2014年までの5年間で、平均して50%以上も上昇。あたかもバブルのような機運の高まりです。

バンコクのほかにも、最近注目を集めているのが「シラチャ」というエリア。

先に挙げた自動車工場が進出している「イースタン・シーボード工業団地」をはじめ、多くの工業団地が並んでいます。日系企業だけでも、ここに約700社もあるそうです。

こうしたことから、日本人が住むコンドミニアムなども多く建設されており、なかには利回り10%前後の物件もある注目のスポットです。

一方、エリアによってはコンドミニアムの供給過剰となっているところも出てきており、空室リスクが生じているところもあるようで、その点は注意が必要です。

タイの不動産情報は、大手の海外不動産取扱社の公式ページをはじめ、セミナーなどでも積極的に公開されています。

興味のある人は、そうした場を活用してみてはいかがでしょうか。

評判の高い海外不動産投資のセミナー会社まとめ>>

タイの投資物件例

■ザ エンポリオ プレイス

  • 種別:コンドミニアム (2009年完成)
  • エリア:バンコク
  • 価格:7,500,000バーツ
  • 面積:48m2
  • 間取り:1Bed

■グランドカリビアン パタヤ

  • 種別:コンドミニアム (2015年完成)
  • エリア:パタヤ・ビーチ
  • 価格:2,200,000バーツ
  • 面積:35m2~
  • 間取り:1Bed/2Bed

タイ王国の基本情報

  • 首都/バンコク
  • 人口/約6,800万人
  • 公用語/タイ語
  • 最大都市/バンコク(約571万人)
  • 賃貸利回り目安/6.43%

※免責事項
このサイトは、個人がリサーチしたものを備忘録としてまとめたものです。正確さを心がけていますが、一部に正しくない表現があるかもしれません。ご了承下さい。また、紹介している各社の最新情報は、公式ページで確認ください。